2013年04月17日

吉田沙保里、母校至学館大学でハードトレ

切り替えの素早さが吉田沙保里の強さですね。まだまだ行けます!


姿を消した吉田沙保里は“虎の穴”にいた!
ロンドン五輪レスリング女子55キロ級金メダリストの吉田沙保里(30=ALSOK)が表舞台から姿を消し、“虎の穴”で猛練習を積んでいたという。

 昨年9月の世界選手権で世界大会13連覇を果たした後、吉田は国民栄誉賞受賞も重なって各種イベントの出席に大忙し。テレビや新聞、インターネット上で姿を見ない日がないほどで、東京に拠点を移して“マット外活動”に専念。この間、練習はまったくしなかった。

 ただ、復帰戦となる全日本選抜選手権が6月に迫っている。3月に入り「これではまずい」と練習不足を痛感。オン、オフの切り替えが上手な女王は“課外活動”をすっぱり中止。東京の拠点も引き払い、母校で長年の練習場所である至学館大学でトレーニングを再開した。ここでハードトレを積み、一気に遅れを取り戻したという。

 8日に公開された日本女子強化合宿では、若手相手に猛スパーリング。「今年の目標は世界選手権での14連覇。全日本選抜で勝って代表になりたい。若い子が練習しているのを見ると、私でもできると思っちゃう。ホント、負けず嫌いなんですよね」(吉田)。切り替えの早さが女王の強みということか。
(東スポWebより)
posted by カミガタ at 23:39 | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。