2008年01月03日

強豪校にリタイア続出。「脱水症状」に泣いた今年の箱根駅伝

今年は箱根駅伝にとって歴史に残る悪夢となりましたね。
順天堂大学や大東文化大学って何回も優勝を経験した名門校ではないですか。
それが今回では…。

原因として主に「脱水症状」がありましたね。
ただ、普通は考えられない。そんな選手を走らせるのは、失格もの。
「脱水症状」が起きるということはチームでのメンテナンスの問題。
当日の気温、湿度なども考慮に入れながら、ベストの状態で走りきれるように、各チームでコンディションを整えることが大事といえるでしょう。

関東学連の青葉昌幸会長のおっしゃられる通り、来年は「速い」だけでなく「強い」戦いが見たいものです。


(時事通信より)

史上初、3校途中棄権=指導法などに批判も−箱根駅伝


3日に終了した第84回東京箱根間往復大学駅伝競走で、大会史上初めて3校が途中棄権する結果になった。前日の往路5区で順大、この日の復路では9区で大東大、10区でも東海大の選手が走行不能に陥った。
 大会会長でもある関東学連の青葉昌幸会長は「情けない。すべての駅伝の教科書のようになっている大会。大学で指導、勉強してほしい。(指導者は)選手を見詰め鍛えてほしい。速い選手はいるが強い選手はいなくなった」と各校の指導法を批判した。大会運営委員を務める神奈川大の大後栄治監督は「今後、給水の回数や中身などについて対策会議を開いて検討する」とした上で、「箱根駅伝は(注目の大会として)象徴化され選手の心的状態は尋常ではない。過保護にし過ぎてもいけないと思うが、そういう精神面も指導していかなければ」と指摘した。
 順大は昨年、往路、復路、総合を制し完全優勝を果たした強豪校。5区の選手は脱水症状で転倒し、大東大の選手も脱水症状からけいれんを起こした。ともに症状は軽く、治療を受けて回復。東海大の選手は走行中に右足を痛めた。
posted by カミガタ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。