2016年04月20日

高橋尚子が伝授、フルマラソンの走り方。「悪魔の誘惑」に乗らないで

シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さん。
4月9日に行われたグアムマラソンインターナショナル2016エキスポで「マラソンの走り方」について語られたのを、スポーツなどを扱ったWebサイト「Cycle」で見ました。

高橋尚子さんによると
1.筋肉は同じ所を使わず、上り下りで走り方を変える
走り方が同じだと、筋肉の同じ部分だけを使ってしまい、後半にバタッと疲れてしまうのだとか
上りの走りと下りの走り、オンとオフをしっかり使い分けていくことで、筋肉をバランス良く使ってエネルギーを温存できるのだとか。これはスポーツにかぎらず、普段の体使いやデスクワークでも当てはまりますよね。

2.「悪魔の誘惑」に乗るな
「悪魔の誘惑」とは…。
高橋尚子さんによると、7kmを過ぎるころになると、体が暖かくなってリズミカルになるため、『今日イケるなあ…何か調子がイイぞ?』と調子に乗ってしまうこと。すると20kmから足が動かなくなって後半が辛いのだとか。いけそうだなと思っても7〜10kmぐらいは抑えて走るのがいいそうです。

3.上り坂で気をつけること
高橋尚子さんは、上りになると多くのランナーは「目線が上がりがちになり、顔が上がって、アゴも上がる。上半身は少し後傾になってしまう」そうです
こういう苦しい時こそ、「アゴをしめて目線を下げて、頭を前にだす、腕もしっかり振る」のが大事だとか。意識することで足の歩幅が変わってきて、坂で5人抜けて、42kmも乗り越えられるそうです。
「坂は気のせい、坂は気のせい…。思い込みが大切ですからね、坂は気のせいだと思って走ってください(笑)」と高橋尚子さん

さらに、高橋尚子さんは、上りでは「小猿」をイメージしてほしいともいいます。
山の中を木々を飛び跳ねていくような小猿をイメージして、上り坂を乗り切って欲しいというメッセージです。

4.上り坂で頑張った勢いを下りに繋げる!
坂を上り切った後は、みんなホッとしてしまうもの。高橋尚子さんは、それに対して、「上り切っても、下って最初の100mはまだ上っているつもりで頑張ってほしい」と説きます。ここでも前を抜くチャンスだとか。
これは他に差をつけ、体にブレーキを掛けず、タイム向上にも繋がりそうですね。

高橋尚子さんの言葉にはとても深みがあり、実戦に役立つと感じました。

Qちゃんこと、高橋尚子さんに関する商品


posted by カミガタ at 20:48 | TrackBack(0) | 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

大阪国際女子マラソンで日本人選手優勝できず。五輪の代表選考は今年は揉めずか

脱水症状になってコケながら立ち上がり、完走した福士の姿がロス五輪のアンデルセンとダブって見えました。
原因は明らかな練習不足でしょうね。

途中アルフィーのテーマソングが今年は大阪城でなく、だいぶ遅れて流れてました。
曲の最後のほうで、走っている選手から住宅が建ち揃う住吉区の市街地にカメラの視点が移り、その奥に、選手にとっては待ち望んだゴール地点の長居陸上競技場が映し出されてましたが、これが福士にとって、ゴールまでの辛い、困難な道のりを暗示していたのかもしれません。

森本は日本人最高だったものの、タイムが出る大阪で2時間25分台。
本人はゴール後、テレビ中継に出演。「途中スローになったのに、出て行かなかったのは悔いが残る」と語られていました。
世界の選手のスピードと戦う積極性が求められる以上、このレース振りでは代表に選ばれるのは苦しいでしょう。

世界選手権にせよ、オリンピックにせよ、マラソンの代表を決めるときは毎回もめます。
2時間30分以上掛かるとか、余程タイムが遅くならなければ今回は名古屋の優勝者で残りの一人は決まりでしょう。
そういう意味では、日本陸連は今回は叩かれずにすみます。
日本陸連は複雑な気分の一方で、ほっと胸をなでおろしていたでしょう。

(毎日新聞より)
<大阪国際女子マラソン>福士失速 森本が日本人最高2位に

北京五輪の代表選考会を兼ねた大阪国際女子マラソンは27日、大阪市・長居陸上競技場を発着点とする42.195キロのコースで行われ、マーラ・ヤマウチ(英国)が2時間25分10秒で優勝した。森本友(天満屋)が2時間25分34秒で日本人最高の2位に入った。

 三千メートル、五千メートルなどの日本記録保持者で初マラソンの福士加代子(ワコール)はスタート直後から独走していたが、後半に失速。34.6キロ付近でヤマウチに抜かれた。福士はその後、ペースが大きくダウン。後続に次々と抜かれ、ふらふらになって何度も倒れたが、ゴールにたどりつき、スタンドの観衆から大きな拍手で迎えられた。
posted by カミガタ at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

嘘の代償はあまりにも大きい、マリオン・ジョーンズ

嘘をついた代償はあまりにも大きいという所です。
どんどん薬に厳しくなっていて、しかも薬を偽証で隠した。
これからの人生で長い時間を掛けて罪を償って欲しい

(ロイターより)
陸上=M・ジョーンズ、TV番組で「うそに疲れた」

禁止薬物の使用をめぐる偽証罪で、メダルはく奪および6カ月の禁固刑を受けた米国の元陸上短距離選手マリオン・ジョーンズ被告(32)が16日、米トーク番組「オプラ・ウィンフリー・ショー」に出演し、うそをついたままでいることはできないと判断し、ステロイド剤の使用を認めたと述べた。
 ジョーンズは番組で「私が(昨年)10月5日に、世界に対してうそをついたのを認めたことに後悔していない」とコメント。その上で「誰でも過ちを犯すことを分かってもらいたい。人の品性は、過ちを認め、将来その過ちについてどのように対処していくかで決定付けられると思っている」と述べ、今後は過ちから学んだことを活かしていくと前向きな姿勢を見せた。
 ホスト役のオプラ・ウィンフィリーに禁止薬物の使用を繰り返し否定した理由について聞かれると、「当時は自身や家族を守ることを選んでしまったが、その代償を大きく受けた」と語り、世界の人々や神に対してうそをつき続けることが精神的につらくなり、白状したことも明かした。
posted by カミガタ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

強豪校にリタイア続出。「脱水症状」に泣いた今年の箱根駅伝

今年は箱根駅伝にとって歴史に残る悪夢となりましたね。
順天堂大学や大東文化大学って何回も優勝を経験した名門校ではないですか。
それが今回では…。

原因として主に「脱水症状」がありましたね。
ただ、普通は考えられない。そんな選手を走らせるのは、失格もの。
「脱水症状」が起きるということはチームでのメンテナンスの問題。
当日の気温、湿度なども考慮に入れながら、ベストの状態で走りきれるように、各チームでコンディションを整えることが大事といえるでしょう。

関東学連の青葉昌幸会長のおっしゃられる通り、来年は「速い」だけでなく「強い」戦いが見たいものです。


(時事通信より)

史上初、3校途中棄権=指導法などに批判も−箱根駅伝


3日に終了した第84回東京箱根間往復大学駅伝競走で、大会史上初めて3校が途中棄権する結果になった。前日の往路5区で順大、この日の復路では9区で大東大、10区でも東海大の選手が走行不能に陥った。
 大会会長でもある関東学連の青葉昌幸会長は「情けない。すべての駅伝の教科書のようになっている大会。大学で指導、勉強してほしい。(指導者は)選手を見詰め鍛えてほしい。速い選手はいるが強い選手はいなくなった」と各校の指導法を批判した。大会運営委員を務める神奈川大の大後栄治監督は「今後、給水の回数や中身などについて対策会議を開いて検討する」とした上で、「箱根駅伝は(注目の大会として)象徴化され選手の心的状態は尋常ではない。過保護にし過ぎてもいけないと思うが、そういう精神面も指導していかなければ」と指摘した。
 順大は昨年、往路、復路、総合を制し完全優勝を果たした強豪校。5区の選手は脱水症状で転倒し、大東大の選手も脱水症状からけいれんを起こした。ともに症状は軽く、治療を受けて回復。東海大の選手は走行中に右足を痛めた。
posted by カミガタ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。